読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マタクの雑記帳(ガリ)

あなたに全力で無駄な時間を提供するためにブログを書いてます。   Twitterをフォローして頂けると感謝感激です。

ホットアイスクリーム爆誕 MAX60℃のアイスが食べられる

日本海藻食品研究所金沢市)が、温度を上げても溶けないなんとも不思議なアイスクリームの開発に成功した。

 

高温でも溶けずに、なんと電子レンジでの温め直しが出来る。

 

その名も『ホットクリーム』といい、製法は卵白と水あめに凝固剤を独自の方法で加えることで、”クリーム”としての形を約60℃まで維持する

 

ホットクリームの誕生

 

www.hokkoku.co.jp

 

f:id:matakus:20161029120028p:plain

これはぜひぜひ食べてみたいな…

 

卵白と水あめを使っているということは、甘さのあるクリームの耐熱性を上げて形をキープしているということなのかな?

 

単純にアイスクリームの温度をそのまま上げている。という訳ではなさそう…

 

名前も『アイスクリーム』ではなく『ホットクリーム』だから別物っぽいしね。

 

 

でもぜひぜひ一度食べてみたいな…

 

温かいアイスクリームは今までになく、しいていえば熱々のパンケーキに乗せられているものを溶けないうちに一緒に食べることで、暖かいけど冷たい!というような不思議な触感を味わうことしかできなかったけど、これなら単品で温かい触感を味わえるのかな。

 

 

ホットクリームの応用は色々なところに使えそう。きっとデザートなどがメインになると思うけど…

 

個人的にはココアに入れて飲んでみたいな。

 

ホットココアってクリームを入れると甘くておいしくなるけど、あっという間にクリームがとけて、クリーム自体の触感を味わえるのは最初の1口2口ぐらい。

 

後はなんか全体が甘い感じのココアになって終わり。

 

ってじょうたいだったからこのホットクリームなら最後までクリムの触感&ココアを楽しめそう。

 

 

和食に使われることはないかもしれないけど、洋食なら使えるレパートリーは多いのではないかな。

 

例えば、ピザとかアップルパイとか。

 

温かいからこそクリームが使えなかった!って食べ物はきっと多くあるだろうから今後の発展に楽しみ。

 

商品化されたら海外からの発注が多くなる気がする。

 

それまでは大人しく冷たいアイスクリームで我慢します!!

 

 

f:id:matakus:20161029121429p:plain

f:id:matakus:20161029121501p:plain