読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マタクの雑記帳(ガリ)

あなたに全力で無駄な時間を提供するためにブログを書いてます。   Twitterをフォローして頂けると感謝感激です。

パリの女性「ハゲ?薄毛?気にしないわ」むしろ官能的で素敵よ

日本国内ではかなりネガティブなイメージを持たれる”薄毛”や”ハゲ”だが、実はフランスのパリではむしろ男性的であると考えられ、魅力に対してネガティブな考えを持つ人は少ないようです。むしろパリのマダムには大歓迎なんだとか。

 

この考え方がもっと日本で広まれば薄毛に対する見方も変わるかもしれませんね。

 

ハゲや薄毛は官能的

toyokeizai.net

 

f:id:matakus:20161030123722p:plain

 

個人的な意見としては、確かに日本は薄毛やハゲに対しての見方がかなり極端なように思えます。

 

それも、本来であれば女性に対してどう思われるかが大切なはずなのになぜか一番気にしているのは男性側。

 

育毛剤などの売り上げも世界的に見ても日本は非常に高く、フランスでは売れる売れないどころか、そもそも開発自体に力を入れていないので品数自体も非常に少ないようです。

 

フランスのAGA率は50%

フランスのAGA(男性型脱毛症)の割合がなんと40% しかも中年になると50%になるそうです。

 

つまり二人に一人は薄毛。

 

ここまで多いなら育毛剤の売れ行きもよさそうですが、そもそも気にする人が少ないので人数が多くても売れないのです。

 

 

むしろ中途半端にかくすよりも堂々としている。スキンヘッドにしてしまう。などの方法が女性に対しても男らしさのアプローチに繋がっているようですね。

 

 

ハゲや薄毛を悪口の比喩として使うのはどうなのか

この薄毛が悪いとされる文化は、悪口や人を馬鹿にする際の言葉の比喩で「ハゲ」などを使う文化に問題があると思います。

 

「あのハゲ!」「ハゲ部長が!」等々…

f:id:matakus:20161030125449p:plain

仕事で中傷されるべきことと髪の毛は全く関係ありません。キリッ)

 

そんな言葉を聞いていると、ハゲや薄毛に対してどんどん悪いイメージが付いてしまうのでこの文化から変えていくのはいかがでしょうか。

 

人の外見を引き合いに出して悪口を言うのは、それ以外に否定するところが思いつかないということ。

つまりその悪口の対象は大して間違っていない。もしくは相手の正しさを認めてしまっていることになったり、ただ単に感情でものを言っていますよ!と公言しているようなものなのでむしろ恥ずかしいのは言ってる本人なのかもしれませんね。