読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マタクの雑記帳(ガリ)

あなたに全力で無駄な時間を提供するためにブログを書いてます。   Twitterをフォローして頂けると感謝感激です。

【サイヤ人注意】70年ぶりの凄まじいスーパームーンが来る

11月14日がもし晴れていれば、なんと70年ぶりのスーパームーンを見ることが出来る。

 

ちなみにスーパームーンとは「月が一年で最も地球に近づくときの満月」のこと。

 

つまり、大きさも一番大きく明るさも明るい。

 

実は”スーパームーン”という現象自体は特に珍しい現象ではないのだが、今回ほど地球に近づくのは、1948年1月26日以来。そしてもしこの次にこれほど地球に近づくのを見るには2034年11月25日まで待たないと見ることはできない。

 

NASAの発表では、スーパームーンという現象は、月が地球から最も離れる地点にある満月より14%大きくなり、30%ほど明るく見えるとのこと。

 

70年ぶりの凄まじいスーパームーンが来る

www.huffingtonpost.jp

 

f:id:matakus:20161106104750p:plain

 

 

70年ぶりのスーパームーンとは凄いですね。

 

確かに、あれ?「今日月大きくないか?」と感じるときもあったりしますがもしかして月が接近してたのかな?

 

もしくは自分の身長が伸びたか…

 

 

海外のスパームーンの写真があったのですが、「合成じゃないのか?」と思うほど大きくなるんですね。

f:id:matakus:20161106105916j:plain

画像引用元:http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52201720.html

 

 

デカすぎないか?

 

 

なんか怖いんですけど。

 

満月の夜は何かが起きる?

「狼男」が関係するのか分かりませんが、「満月の夜は事故や犯罪が多くなる」なんて聞いたことないでしょうか?

 

満月の日は気持ちが精神が高まり易く、同時に事故なども起きやすくなる。なんて話を聞いたことがあるのですが本当なのかちょっと調べてみました。

 

「満月の夜は犯罪が起きやすい」ということに関してはいろんな説があるようです。

 

 

人間の体のほとんどは水分。海の満ち引きの様に影響を受ける

という説。確かに海の満潮干潮は月の重力の影響らしいですがもしかしたら人間も同じように何らかの影響を受けているのではないのか。という説があるようです。

 

 

昔の人は月明りで夜を歩いていたから

つまり迷信のような考えですね。昔の人は街頭がなかったので満月の日は夜出歩く人も多かった。必然的に犯罪や事故も増えた。という説。

 

夜爪を切るな=昔は部屋に灯りがなかったので、切り方ミスして破傷風にならないように

夜口笛を吹くと蛇or泥棒がでる=口笛うるせー!!

 

おそらくこのような伝わり方の一部なのかも?

 

関係ない

つまり完全な思い込み。「プラシーボ効果」とも言いますね。

 

「大阪の人は明るい」と聞いてから大阪にいくと全く普通にしているのになんとなく明るい人に思えてしまう。(暗い人だって沢山いる)

 

「あの国の人は怖い」など聞いているとなんとなく全員そんなひとに見えたりしますよね。個人個人違うのに。

つまり、満月だから精神が高まる。と考えている人達の気持ちが勝手に高まっているだけ。という説ですね。

f:id:matakus:20161106112029p:plain

 

 

まとめ

11月14日の天気にもよりますが、もし覚えていたらぜひ夜空を見上げてみてくださいね。