読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マタクの雑記帳(ガリ)

あなたに全力で無駄な時間を提供するためにブログを書いてます。   Twitterをフォローして頂けると感謝感激です。

がん細胞が消滅 転移したがんも治った 日本人研究者が発見した驚きの治療法

ニュース

 ◆近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。
「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した。
がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指している。

がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがあるが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、他の2つは副作用がある。
転移・再発防止などにも課題があった。
これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できる。
やっかいな転移がんにも有効だ。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうだ。

オバマ大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法の発見を取り上げ、「米国の偉大な研究成果」として世界に誇ったことを覚えている方も多いだろう。
その後順調に研究開発は進み、NCIで20年越しの研究が大詰めを迎えている小林氏に、この治療法の効果や革新性、将来展望などを伺った。

◇近赤外線の当たったがん細胞は1,2分でバタバタと破壊される

――近赤外線を使うがん治療は、従来の医学の常識からすると全く予想外の方法だと思います。その仕組みや特徴について、分かりやすく説明していただけますか。

化学反応で変化したIR700ががん細胞の膜にある抗体の結合したたんぱく質を変性させ、細胞膜の機能を失わせることによって1~2分という極めて短時間でがん細胞を破壊します。 

その様子を顕微鏡で見ると、近赤外線の当たったがん細胞だけが風船がはじけるようにポンポンと破裂していく感じです。

 

◇これほどがん細胞の選択性が高い治療方法は過去になかった

――これまでのがん治療法は副作用が患者さんの悩みでしたが、この点はいかがでしょうか。

この治療法には、ほぼ副作用はなく、安全性が確認されています。これはとても重要なポイントです。
そもそもがん以外の正常細胞には抗体が結合しないので、近赤外線が当たっても害はありません。
引用元:http://www.mugendai-web.jp/archives/6080

 

がん細胞が消滅 転移したがんも治った 日本人研究者が発見した驚きの治療法

www.mugendai-web.jp

 

f:id:matakus:20161117095938p:plain

 

実際に研究しているのはアメリカのがん研究所のようですね。

 

しかし発見者は日本人の「小林久隆 さん」という方

 

 

しかも、発見したばかり、ではなく実際に現時点で300人を対象に臨床試験を行っていて2~3年後には実用化できる可能性があるということ。

 

これは本当に凄いことではなかろうか。

 

やっとがんの根本治療の可能性が見えたのかもしれない。

 

 

8~9割のがんに効果あり

赤外線を使うのなら皮膚表面だけに効果が?と思われるかもしれないが、どうやらこの治療法は、『食道』『膀胱』『大腸』『肝臓』『膵臓』『腎臓』それぞれのがん細胞に有効。

 

凄い…凄すぎる…

 

 

 

ちなみに男女のがん死亡率の割合は

男性

1位 肺
2位 胃
3位 大腸
4位 肝臓
5位 膵臓

女性

1位 大腸
2位 肺
3位 胃
4位 膵臓
5位 乳房

男女統計

1位 肺
2位 大腸
3位 胃
4位 膵臓
5位 肝臓

※2014年度調査

 

これががんの各がんの死亡率割合。記事には書かれていないが、8~9割のがんに効果があるということは肺にも効果があるのだろうか?

日本は減ってきているとはいえまだまだ喫煙人口が多いため肺がん患者は多い。

需要は多大にありそう。

 

それとも肺がんの場合タールは取り除けないから効果薄いということなのか?どうなんだろ

 

 

費用が安くて日帰りもできる

日帰りはさておき、この「費用が安い」というのは多くの人にとって助かる内容。

現時点でのがん治療、手術の値段は、中々に高額。

 

ザックリの計算だが、

手術で約30~100万  抗がん剤治療で約100万  放射線治療で約60万もの医療費がかかる。

(がんの種類によって大きく異なる。)

もちろんこの金額から保険適用なので各3割負担になる。

 

ただし、再発の可能性もあるのでその場合一回だけの金額だけでは終わらない。

 

 

主ながん治療の金額の目安はコチラが分かりやすいです。

hokensc.jp

 

 

まだ具体的な金額はわからないが、今回新たな治療法でこれらの料金が安くなるのは非常に家計も助かるのではなかろうか。

 

 

近赤外光線免疫治療法

おそらく研究段階ということもあり近赤外光線免疫治療法に関して詳しく書かれている情報はない。

 

ただ、この小林久隆さんという方が書かれている論文のようなもの?はネット上にあった

PDFファイル論文

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpstj/76/3/76_172/_pdf

 

f:id:matakus:20161117103732p:plain

 

 

ただ正直医療関係者じゃないとサッパリ分からない…

 

 

f:id:matakus:20161117104009p:plain

 

 

ただ赤外線ということはおそらく赤外線の温熱効果を利用したものではないだろうか?

 

がんになる可能性の一つとして”冷え”が大きく関わるとい事を本で読んだことがある。

 

体が冷え、体内の毒素を体外に上手く排出できなくなってしまい体の中に溜まる。

それが集まったものががん。というような内容。

 

毒素の塊なので、むしろがん化しなかった場合は体の中をその毒素がめぐることになってしまうのでむしろ逆に体に悪影響。

 

がんは体が、身体を守るための防御本能なんだとか。

 

その証拠に、人体でもっとも血液循環が良く、温かい場所はがんにならない。

 

それが『心臓』

 

つまりこの近赤外線治療は、冷えの逆、すなわり『温』の力を使ったものなのかな?

 

なんて素人ながらに考察してみた。

 

 

どこかの都市伝説で金の延べ棒をがんの患部に当てると治るなどという根拠皆無な情報があるようだが、延べ棒自体冷たいのだからむしろ良くないのでは?

 

まぁ「これなら治る」というプラシーボ効果を期待したものであれば納得は出来るが…

 

 

 

 

とにもかくにも、現時点でも日本国内はおろか世界中でがんに苦しんでいる人が多くいます。

 

 

目途は2018~2019年だと思いますが一日でも早くこの研究開発が進むことを切に願います。

 

臨床試験でも良い結果が出るといいですね!