読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マタクの雑記帳(ガリ)

あなたに全力で無駄な時間を提供するためにブログを書いてます。   Twitterをフォローして頂けると感謝感激です。

舛添前都知事 ケジメで売却するはずだった湯河原町の別荘まだ売っていなかった

ニュース

政治資金の「公私混同」問題で6月に東京都知事を辞職した舛添要一氏が
代表を務める政治団体が昨年、ファミリー企業の「舛添政治経済研究所」に、
事務所の家賃計531万円を支出していたことが24日、東京都選挙管理
委員会が公表した平成27年分の政治資金収支報告書で分かった。
事務所やファミリー企業は舛添氏の自宅にある。

また、舛添氏が疑惑への「けじめ」として売却を約束した神奈川県湯河原町
の別荘が、24日現在も舛添政治経済研究所名義のままであることも
登記簿謄本から判明した。

舛添氏の政治団体「泰山会」の報告書によると、舛添氏は事務所の家賃を
舛添政治経済研究所に支出。家賃は月44万2500円で、27年は計531万円
を支払った。泰山会の同年の収入は約6192万円。うち2885万円は、
2回の政治資金パーティーで集めた。

支出では、法律で報告書への記載を義務付けられていない「5万円未満」が
多く計上され、詳細不明の項目が多い。舛添氏が購入した美術品の代金を
報告書に記載したことに批判が集まったが、同年分でも浮世絵などの専門店に
資料代計約19万円を支出。ただ、資料代などとして、ほかに計上した
約177万円の詳細は記載されなかった。

会議費や交際費などの「組織活動費」は約125万円だったが、詳細が記載
されたのは都内のホテルへの約5万9千円と中国料理店への約6万9千円の
2件だけで、その他の100万円以上の使途は不明のままだ。

また、知事在任中、似顔絵が描かれたまんじゅう代を計上したことも問題と
なったが、同年2月の政治資金パーティー直後に同じ菓子製造会社に
記念品代約18万5千円を支払った。

舛添氏が辞職前に発表した弁護士による調査報告書では、私的な飲食が多く、
美術品も趣味的色彩が強いとして「違法ではないが不適切」と結論付けている。

 記事引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000083-san-soci

 

舛添前都知事 ケジメで売却するはずだった湯河原町の別荘まだ売っていなかった

headlines.yahoo.co.jp

 

f:id:matakus:20161125095705p:plain

f:id:matakus:20161125095711p:plain

f:id:matakus:20161125095715p:plain

 

 

 

「ケジメどこ行った!?」

 

舛添元都知事は、一体何故、そして何が全国規模で問題になったのか分かっていないのかな?

 

「不適切だが違法ではない」

 

法に反しなければ何やってもイイってレベルの問題じゃないでしょ!?

 

 

なんだよ「クレヨンしんちゃんって!!」

 

 

 

最近になり、都で働いている職員が「舛添さんの方が良かった…小池都知事は厳しい…」なんてボヤキを言っている記事を見ましたが、それはむしろ厳しく管理しているということで国民や都民は安心できる。

 

舛添さんの方が良かった…なんてセリフが出てくる時点でどれだけお金の使い方がガバついていたかすぐ分かる。

 

 

使って良いお金ならいくら使ってもいいという発想だったのでしょうか?

 

単に法に反していないだけで、世論からしてみたらハチャメチャそのものだったように思える。

 

小池都知事は未だ売却されない別荘に関しては言及すると言っていたようだが、話題が風化してしまってはケジメもうやむやになる。早い段階で”誠意”を見せてほしいものだ。

 

 

本当にお金の使い方が私用そのもの。

 

世間一般的な常識と照らし合わせて私用と判断したら全額返金させてもいいと思うのだが、やはり”法”がある以上強制力はないのだろう。

 

まるで都知事をやめたんだからチャラ。というような状態になっているのがなんとも…

 

仮にも都知事は東京を代表するリーダーなのだから、憧れられるような背中を見せてほしかった。

 

 

舛添元都知事の税金の使い方

「必要以上の金額」という意味では無駄使いと考えられるのではないか。

 

今まで舛添元都知事が使ってきた政治資金で「?」と疑問が残るようなものをまとめてみた

 

海外出張5000万円

ハッキリ言って意味が分からない。20人での出張だったとは言え、1人当たりの金額がなんと250万

こんな主張どこの企業にもない。ましてやその金額は全て税金。

納税者の事をどう思っているのか不思議でしょうがない。

 

 

ソウル出張

コチラも11人での出張費でなんとかかった金額が654万円。なんと一人平均58万円。

ちなみにHISのソウル旅行であれば3日間で16800円で行ける。

なぜそんなにも金額がかかるのか謎。

 

 

クレヨンしんちゃん

こちらも政治資金で買ったもの。社会的に話題になっていた(?)らしく、それを確認するため。と言っているが、その程度の書籍一冊でも政治資金で買っているということは、すくなくとも書籍以上の金額以上の額はすべて政治資金でまかなわれていると考えられるのではないだろうか。

ちなみにクレヨンしんちゃんは一冊500円ほど。

 

会議のためのスイートルーム

なぜ会議をスイートルームで行う必要があるのか完全な謎。

来客があるとは言っても、高級感のある会議室で問題ないはず。

スイートルームで会議をするなんて初めて聞いた。

ちなみにこの時のスイートルームの一泊が約15万程の超高級ホテル。

 

「熊本の地震で会議が頻繁にあった」と報告していたが、会議なりで使われる金額を少しでも多く被災者に送ろうという判断はどうやらなかったらしい。

 

絵画の購入

ちなみに政治資金で購入した場合、絵画と言っても「資料」の扱いになる。

一体絵画のどこが資料なのか自分のような凡人には分かりかねるが、つまるところ舛添元都知事の所有物になる。

是非とも何の資料で、どう活かされたのかお伺いしたい。

 

正月に家族で外泊

これもあくまで「会議」と言い張っている。家族会議ならポケットマネーで行うのが普通だと思うが。なぜ返金が行われないのか本当に不思議でしょうがない。

 

保育園予定地が韓国学校になる

これは”無駄”ではないのかもしれないが、東京はただでさえ待機児童が多い。

子供を預けられるところがなくて両親は四苦八苦しているのに、そんな都民のことよりも外交を優先させたらしい。

 

 

まとめ

確かに行ってきた行動は不適切だが違法ではない。

しかし違法ではなければ何をしてもいいかのかと言われればそれは何か違う気がする。

もしくは現在定められている政治家に対しての方が間違っているという可能性もある。

 

「政治資金」として領収書を切ってしまえばどんな使用目的も内容でもいいというのは何か違う気がするが…

 

おそらくトップの判断に任せる。ということなのだろが、少なくとも都民や県民に対して定期的に使用した内容を詳細に報告する義務を作ってもいいのかと思う。